国内

国内では、いすゞ、三菱ふそう、日野等の車両に導入され、走行環境にもよりますが、2〜8%程度の燃料消費率の改善の報告を受けております。

※燃費には走行条件、積載量等、様々な要因がございます。アドパワーを取り付ければ、必ず燃費は改善することはありません。

事例1

東海地区 物流会社

10tトラックへのAdPower DieselPlus 導入後に燃費の変化についての測定試験を実施し、その結果を共有頂きました。

走行試験平均ではミッション車一般道で平均9%の改善。ミッション車高速メインでは平均7%改善、オートマティック車高速メインでは平均6%の改善が見られました。

トラック測定試験平均値グラフ

また、半年間の測定試験データはこちらになります。
計10台の10tトラックで計測を行ない、1L=100円で計算したところ、976,000円の燃費削減効果があったことがわかりました。

半年間における測定値

また、考察として以下も共有頂きました。

  • MT車の方がAT車より燃費向上率が高かった。
  • 運転手の交代や新車購入により半数の5台が設置前検証に夏季エアコン使用時を含んでいないため、さらなる燃費向上が期待できる。
  • 検証車両では1年間での燃費削減費約200万円
  • 1台あたり1年間で約20万円を削減

これらの測定試験から、AdPower DieselPlusのトラックへの導入により、高い燃費向上効果が発揮できることがわかりました。

事例2

千葉県 S社(物流)

アドパワー・ディーゼルをいすゞのトラックに導入頂いております。

海外

海外では公営バス会社で導入頂いております。

主に黒煙(PM2.5)の削減のために、アドパワーが導入されています。

詳しくはこちら

ウランバートル市営バスの車両
モンゴル ウランバートル市営バス
モンゴルでのバスへの取付の様子
アドパワー・ディーゼルプラスを導入
ブカレストのバスの車両
ルーマニア ブカレスト交通公団
ウランバートル市営バスでのアドパワー取付の様子
エアクリーナーの蓋の内側にエアクリーナーと同系色のアドパワーを貼付け