静電気を抑制し、燃焼を促進

自動車走行によるエンジンや車体の摩擦帯電による静電気帯電量の増加により、吸入空気への阻害が発生。エンジン燃焼や燃費への悪影響を及ぼします。アドパワーはエアクリーナーに帯電する静電気を放電させることにより、エンジンに流れ込む空気流量を増加させ、エンジンの燃焼を促進させます。

アドパワーがエンジン吸気内の静電気帯電による縮管現象を低減させ、アクセルON時等の瞬間的なA/F(空燃比)の変化 (0.1秒以下) でのエンジン側の応答遅れ部分等をアシスト。

効果の源泉は3層の積層体

特殊顔料を使用した第1層、特殊合金による第2層、薄くて高性能なグラスファイバーの第3層で積層体を構成。(燃焼装置用積層体および燃焼装置:特許6176759号)3層構造の積層体が静電気を放電し、エアクリーナーボックス全体の静電気量を低減させます。

効果のイメージ

エンジンに流れ込む空気量が5%~10%アップすることにより、エンジンの燃焼効率が上がります。

燃焼効率アップにより、以下のメリットを得ることができます。

  • エンジンの長寿命化 : 不完全燃焼により発生するカーボン(燃えカス)の発生を減らすことでエンジンへを負荷が減り、エンジンを良い状態でキープすることができます。
  • 排出ガスの削減 : エンジンの燃焼効率が上がることで、CO・PM2.5など排ガスに含まれる有害物質の発生量を抑えます。
  • 燃費の向上 : 燃費の向上にはエンジンオイル、気象条件など様々な影響がありますが、エンジンの燃焼効率が上がることで、少ない燃料で同じ距離を走ることができます。
  • アクセルフィーリングの変化 : 車種や年式によりフィーリングの変化は異なりますが、アクセルが軽くなる、エンジン音が静かになる、高速道路や坂道の走行が軽やかになるなどの変化が多数報告されています。

東海大学における性能研究

2019年より、東海大学工学部 落合研究室で性能研究を実施しています。2021年10月13日に開催されたJSAE(公益社団法人自動車技術会)2021年秋季大会において、吸入空気の流れに影響する静電気帯電・放電メカニズムの研究についての発表が行われました。詳細はこちら

多くの方が効果を実感

Amazonレビューでは2020年11月現在平均★4つの評価を頂いています。HPやAmazonに寄せられたレビューを紹介しています。

レビューまとめページを見る

第三者機関の証明画像