Q&A

アドパワーがエアークリーナー内の静電気を抑制し、エンジンへの空気の供給量を増やし、エンジン内の燃焼を改善させるからです。
エンジンへの吸入口近くで、凹凸のない場所に貼って下さい。また凹凸がない場所であれば曲面に貼っても問題ありません。
アクセルレスポンスはより良く感じられます。エンジンの状態によりさらにエンジン性能回復の効果が期待できる場合があります。
エンジンの燃焼が改善されているからです。アクセルを踏み込む度合いが少なくて済むため、その分が燃費に好影響を与える要因となります。
エンジンに燃焼が改善されることによりエンジン音やエンジンによる振動が小さくなる場合もあります。
ありません。アドパワーはエンジンへの吸気における静電気を抑制することでエンジン性能を改善させるため、各種添加剤と併用しても問題ありません。
両面テープで装着するため、装着状態の安全性を保証できる期間が2年となっております。
両面テープがグラスファイバー等の構成素材の全面に接着しており、その可能性は極めて少なく、これまでにおきましてもご質問の事例はございません。
アドパワーの効果は特許(6176759号)、各種公的機関での試験結果、東海大学工学部機械工学科落合研究室での委託研究により確認できております。www.adpower.jp でもご覧いただけます。効果は車両や走行環境により差がありますが、少なくとも吸気に関しましてはメリットはあってもデメリットはございません。また、国内・海外のカーレース、オートバイレース等におきまして複数のチームでご使用いただいております。
アドパワーは吸気での静電気を抑制させることでエンジン性能を維持・回復させますので、経年車の方が性能が落ちている分、改善度合いが大きくなります。新車ですので、改善させる余地は少ないですが、静電気も抑制(エンジン吸気は静電気が多いです)しますので、良い状態を維持させ、お車にはメリットはあってもデメリットはございません。
アドパワーを取り付けた後は、必ずエアフィルターを元の場所に戻して下さい。
自動車や発電機、船舶等では効果確認を行っておりますが、石油ファンヒーターでの効果確認は現状、行っておりません。現況ではご案内は難しいですが、今後研究等を実施したいと思います。ありがとうございます。
アドパワーはシール状の製品で剥離紙を剥がし取り付け時の厚さは0.5mm程度です。粘着力が高い両面テープを使用しておりまして、製品開発後38万個以上製造・販売(2020年9月現在)しておりますが、過去に製品が剥がれてエンジンに吸い込まれたという事例は1件もございません。