【疑問】2WDと4WDの燃費はどっちがいい?理由と選び方を徹底解説

2WDと4WDの燃費って違うの?

もし2WDと4WD選ぶならどっちがいい?

こんな疑問を持つ人も、多いのではないでしょうか。

結論から言いますと、2WDのほうが燃費はいいものの、4WDとの差は1割程度。

昔に比べるとほとんど変わらないといえるでしょう。

とはいえ、「あまり変わらない」と言われると、ますます悩む人も多いはず。

そこで、燃費の違いはもちろんのこと、2WDと4WDの選び方をこの記事で徹底解説します。

2WDと4WDの燃費は、今では大した差がない

最初に紹介したように、2WDと4WDだと2WDのほうが1割ほど燃費がいいです。

とはいえ、昔に比べると燃費の差がなくなったともいいました。

そこでこの章では、2WDのほうが燃費がいい理由と、昔と比べて差がなくなった原因を見ていきましょう。

原因①:車両重量

1つ目は「車両重量」です。

車種によりけりですが、ほとんどの車種では2WDより4WDのほうが50kg前後重いです。

なぜ重たいかと言いますと「駆動輪※が2つから4つに増えることで、エンジンからタイヤに力を伝えるパーツが多くなっている」から。

※駆動輪:エンジンから出力された回転運動によって動く車輪のことである。

引用元:オートモーティブ・ジョブズ

2WDは「FF」「FR」「MR」「RR」の4種類があり、先頭のアルファベットが「エンジンの位置」、後半のアルファベットが「駆動輪の位置」です。

それぞれの型式の特性についてはこの記事で割愛しますが、前後の違いがあるとはいえ、駆動輪はどの型も「2つ」。

一方で、4WDは4つとも駆動輪となるため、エンジンの力をタイヤに伝えるためのパーツが単純に2倍必要。

パーツが増えて車重が重くなると、同じ速度まで加速するにも多くのエネルギーが必要……つまり燃費が悪くなります。

原因②:走行時の抵抗

2つ目は「走行時の抵抗」です。

走行しているときに生じる抵抗は、以下の4種類です。

  • 加速抵抗:車が加速する際に生じる抵抗
  • 空気抵抗:車が走る際に、表面の空気との摩擦で生じる抵抗
  • 勾配抵抗:坂道を上るときに生じる抵抗
  • 転がり抵抗:タイヤが転がるときに発生する抵抗

なかでも2WDと4WDの違いに影響するのが「加速抵抗」と「転がり抵抗」。

加速抵抗は先ほども触れたように、車重が増えたことで4WDのほうが大きくなります。

一方、転がり抵抗は駆動輪が2つから4つなったことで増えたため、燃費も悪くなりますね。

原因③:センターデフ

3つ目が「センターデフ」と呼ばれる仕組みで、4WDのほうが燃費が悪いと言われていた1番の原因です。

車検や点検で聞く「デフオイル」は、まさしくセンターデフに使われるオイルのことです。

センターデフは4WD車で前輪と後輪の回転差を無くすための装置で、主にカーブを曲がるときに使われます。

昔の4WD車は、センターデフで調整し常にフル稼働するため、燃費が悪化。

2WDと比べて20%も燃費が悪くなるケースも珍しくありませんでした。

しかしながら、最近の4WDはセンターデフではなく「電子制御式の多板クラッチ」を使うことで燃費が改善。

なぜなら「多板クラッチを用いることで、駆動輪に滑りが生じない舗装路では『ほぼ2WD』となる」ため。

普段は2WDで必要に応じて4WD化してくれるのは、両方の「いいとこどり」と言えますね。

2WDと4WDで燃費に差がないなら、どっちを選ぶべき?

とはいえ、ここまで見て「2WDと4WDで燃費に差がないならどっちを選ぶべき?」とますます混乱された方もいるでしょう。

正直なところ、どちらを選んだほうが良いのかは「使う環境」によります。

この章にて、2WDと4WDでそれぞれおすすめの人を紹介しますので、参考にしてみてください。

2WDがおすすめの人

2WD車は、以下のような人におすすめです。

  • 雪がほとんど降らない地域に住んでいる人
  • 車体価格や燃費を少しでも抑えたい人
  • クイックなハンドリングを楽しみたい人

雪がほとんど降らない地域に住んでいて、スキーやスノーボードに行かないという人は2WDがおすすめです。

燃費はもちろんのこと、部品点数が少ないことから車体価格も4WDと比べて抑えることができますからね。

また、「イックなハンドリングを楽しみたい」人も2WDがおすすめといえます。

車種や好みによりますが、FR車やMR車を選ぶと、4WDやFFにはない操作感を楽しめることが多いでしょう。

4WDがおすすめの人

一方で、以下のような人は4WD車がおすすめ。

  • 雪が降りやすい地域に住んでいる人
  • キャンプやウインタースポーツを楽しみたい人
  • 高速道路での移動が多い人

雪の降りやすい地域はもちろんのこと、キャンプやウインタースポーツなどで休日に悪路を走る人にもおすすめです。

4WDだから絶対に滑らないとは言えませんが、2WDと比べるとスリップのリスクを抑えることができるので、安心して運転できるのではないでしょうか。

また、駆動輪が多い分、高速域でも安定して走ることができます。

私もFFと4WDを乗り継いできましたが、駆動力に優れた4WDのほうが安心して運転できたことを今でも覚えています。

まとめ:2WDと4WDで燃費の差は1割程度

この記事では、2WDと4WDにおける燃費の差について解説しました。

2WDと比べて4WDは、かつて2割ほど燃費が悪いと言われていました。

しかし、「電子制御式の多板クラッチ」が採用されたことで燃費が大幅に改善され、今では1割程度にまで改善。

とはいえ、2WDのほうが部品点数が少ないことから、車体価格や燃費などの維持費は安いもの。

  • 雪が降りやすい地域に住んでいる
  • キャンプやウインタースポーツを楽しみたい
  • 高速道路での移動が多い

これらに1つも当てはまらない人は、2WD車で十分でしょう。

逆に1つでも当てはまる人は、4WDも視野に入れることがおすすめですね。

この記事が、2WDか4WDか迷うあなたにとって、参考になれば幸いです。

The following two tabs change content below.
こんにちは!AdPowerです。私達の最終目標=GOAL は、世界の自動車による大気汚染を緩和させることです。 先進国は今後電気自動車にシフトしていく流れですが、新興国などではまだまだ今後もガソリン車による大気汚染が悪化していくことが予想されます。小さなシールは地球環境を救うため、挑戦し続けます!